キレイになるのに苦労はいらない

この記事をシェアする

ワイヤーと違って

歯列矯正といってイメージするのは、歯の前面に金属製のワイヤーが括り付けられたもの。笑った時や話をした時に、そのワイヤーが目立ってしまう。また相手が自分の顔というよりも歯に目線が言っているような気がする。矯正治療を受けると、そんなおそれが生じそう。ワイヤー矯正などでは、こんな心配もよぎるでしょう。
しかし、マウスピース矯正ならそんな不安を感じることはありません。マウスピース矯正はワイヤー矯正と違い、歯の前面に金属製のワイヤーを設置することはないため、笑った時も話をした時も矯正に注目される心配がないのです。
周囲に気を遣わせることなく、また気にせず笑い、話すこともできる。それがマウスピース矯正のメリットです。

透明だから目立たない

マウスピース矯正は、透明のマウスピースを装着して気になる個所を矯正する歯列矯正方法です。マウスピースを装着することで、問題のある歯列をゆっくりとマウスピースで圧をかけ、目標とする歯列に導きます。
使用するマウスピースは無色透明のものが一般的。そのためマウスピース矯正は、装着していても周囲に矯正していることが分かりづらい特徴があります。
ふと口を開けたときであっても、無色透明のマウスピースなら違和感がありません。周囲の人も良く見なければマウスピースの存在に気付くこともないのです。
かつては口を開ければ、すぐに気づかれてしまった歯列矯正。しかし、近年ではこのマウスピース矯正のおかげで、周囲に気付かれずに矯正が可能となりました。